蟹釣りと魚釣りのサイト『Crab fishing』

Crab fishing

岩場での釣りのポイントと魚の生息場所について

釣りにおいて場所は非常に重要なポイントです。
いくら適した餌を使用しても場所が悪ければ、それに魚がかかる事はありません。
その為にもまずは適した良く釣れる場所を抑える必要があります。
基本的には岩場がお勧めです。
その理由としては、岩場というのは潮流によって様々な物が流れ着いてきます。
魚の遺骸等も流れ着いてくるので、それには他の魚の餌となる生き物が住み着くことになります。
つまりそういった場所が釣りポイントに適しているということになります。
そして、水の深さはある程度の浅い方がいいとされています。
深い方が良いと考えがちですが、実際には浅瀬の方がよく釣れます。
まず水が浅いという事は、日光によって多数の藻が岩に張り付いている可能性が高いです。
これが多く張り付いているということは、これを餌としている魚が多く寄ってくる事になります。
また、魚以外にも藻を主食としている生物がいて、それらも寄ってくるので魚も寄ってきます。

Favorite

2016/3/24 更新